カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

店長の橋詰 光世です

メモ

和歌山県高野山から高野槙を全国の皆様にお届けします。高野槙を専門に取り扱っており当店が植林管理した、正真正銘の高野槙の枝葉、高野槙の塔、高野槙の苗、高野槙の種を販売しております!本場高野山で育った高野槙を産地から直接発送いたします。
旧サイトがシステムエラーの為、サイトを移設しました。 尚、前会員の皆様方には大変ご迷惑をおかけしますが、カート注文時に御客様情報入力時の最下段部ショップ会員登録にて再度手続きいだたきますことをよろしくお願いします。 また、給付ポイントシステムについては廃止する運びとなり大変申し訳ございません。 貯蓄いただいているポイントについてはサイト下部の特定商取引法に基づく表記の公開メールアドレスまでお問い合わせください。貯蓄ポイントでの値引対応をさせていただきます。
高野槙苗15cm〜30cm前後

1,500円(税111円)

高野槙枝葉50〜55cm「1束3本入」

500円(税37円)

SOLD OUT
高野槙苗50cm前後

3,150円(税233円)

SOLD OUT
高野槙枝葉30〜35cm「1束3本入」

300円(税22円)

SOLD OUT
高野槙種15粒

525円(税39円)

高野槙種15粒

525円(税39円)

高野槙枝葉30〜35cm「1束3本入」

300円(税22円)

SOLD OUT
高野槙枝葉50〜55cm「1束3本入」

500円(税37円)

SOLD OUT
高野槙枝葉40〜45cm「1束3本入」

400円(税30円)

SOLD OUT
高野槙苗15cm〜30cm前後

1,500円(税111円)

高野山高野槙の里
高野山は標高約1000m山上に位置する宗教都市であり、西暦816年に弘法大師空海がお開きになられて1200年の歴史ある聖地です。

高野山に古くから伝わる高野槙は、弘法大師空海が花の代わりに高野槙の枝葉を御仏前に供えたと云われています。そのため、高野山では御仏前に他の供花と一緒に、若しくは高野槙だけを供えるのが古くからの慣わしとなっており、特に御正月、御彼岸、御盆には必ず供えます。

当店は高野山の高野槙を専門的に取扱っており昔から伝わる方法で植林・管理し、成長した良質の高野槙の木から種を取り苗の栽培もしています。
高野山から高野槙の枝葉・塔・苗を全国各地の皆様に産地直送にて販売しております。
新鮮な高野槙をお客様にご愛用していただくため、注文後に植林地へ行き商品の準備をします。

高野山の高野槙を必要とされている全国各地の個人の方、生花店、寺院、お寺などへのお届けも承っておりますので、企業の方に限らず個人の方でもお気軽にお問合せください。

各商品説明

高野槙の枝葉
丁寧に選別剪定した高野槙の枝葉数本を1束にまとめた商品です。高野山上だけでなく「こうやまき販売店」で売られている一般的な商品で購入後そのまま花筒に挿してご使用いただくことができます。

高野槙の塔・芯
高野槙の木から先端部分を伐採したもので木1本に付き1〜3本程度しか採取できず、また真っすぐな形状で葉形や幹サイズを1対で揃える為に、数本の木から伐採したものを選別する必要があります。 その分、大変貴重で枝葉より見栄えは比べ物にならないくらい良く、特に御堂、御墓用として利用され、御寺、寺院様でご愛用されております。

高野槙の苗
当店が植林する高野槙の種から育成した苗で、庭木、記念樹、景観木等にご利用されております。
平成18年9月6日に秋篠宮文仁親王と同妃紀子様との間に第3子である長男がおめでたく誕生され、同日、健康で元気な成長を願う「賜剣の儀」を無事お済になられました。同年9月12日に新宮さまの「命名の儀」が行なわれ、悠仁と命名されました。
大きくまっすぐに育ってほしいという思いが込められ、お印として「高野槇」が選ばれました。
悠仁さまのお印として高野槇が選ばれことにより、全国的に高野槇が一躍有名になりました。

高野槙の種
当店が植林する高野槙の木から採取した種で、各地域の植木店、育苗店、盆栽店への販売に限らず、個人の御客様への販売も増えております。

こうやまきの主な販売予定
高野槙の枝葉・・・1月〜5月、8月〜12月
高野槙の塔・・・・・1月〜4月、8月〜12月
高野槙の苗・・・・・3月〜5月、10月〜11月
高野槙の種・・・・・在庫無くなり次第終了
※予定ですので気候気温により変動します。